結婚目的以外の登録者がいないサイトを利用しましょう

法律が遵守されているかの確認は必須!

出会いを提供するサイトには、二つの規制があります。一つ目は18歳未満である者に登録をさせない事。これは絶対に守られていなければならないもので出会い系サイト規制法と呼ばれています。

その名の通りこれは18歳未満の少年少女が出会い系サイトで児童買春等の犯罪被害に合わないよう保護する目的を持って作られたものですので、年齢を偽って児童が登録しないように年齢確認を行っていなければ違法となります。この法律を守っていない婚活サイトは無いはずですが、必ず確認しておきましょう。

二つ目は「インターネット異性紹介事業」の届出をしているか。これはインターネット出会い系サイトを運営する人に課されている義務です!届出内容に違反すると行政処分されます。届出認証を確認できないサイトが希にですが存在します。認可されていれば振り当てられた番号を表示していますから、これもよく確かめておいて下さい。

情報保護を保証するマーク知っていますか?

婚活サイトを利用する場合、重要な個人情報を登録しなければ入会できません。自分に合う人を探したいのでかなり詳細に入力しますから、運営業者の管理能力が気になりますよね。

情報に対する管理が適切に行われている業者であるかが分かるマークがあります。それは「プライバシー認証マーク」と呼ばれるものです。一般財団法人日本情報経済社会推進協会(略されてJIPDECと表記される事もあります)が個人情報を適切に管理していると認定した場合に使用ができます。つまり事業所自体ではなく外部団体からお墨付きをもらっている証なのです。

きちんと情報管理をしている婚活サイトにはこのマークがあります。認定を受けていなくてもしっかり管理しているところもあるでしょうが、安全なサイトだと信頼して利用するにはチェックしておくに越したことはありません。

この記事をシェアする
TOPへ戻る